TEL・お問い合わせ

研修・出張などでお休みすることがございます。
お電話などでご予約いただいてからお越しください。

電話受付時間
10:00~19:00 ※土曜…10:00~17:00
定休日
木曜・日曜・祝日・第2土曜・夏期休暇・年末年始

当日カウンセリング 最終予約受付時間

月火水金…ご継続の方は18:00まで、初回の方は17:00まで
土…ご継続の方は16:00まで、初回の方は15:00まで

漢方について

漢方とは

  • 西洋医学に対して、東洋医学といいますが、東洋医学の中で日本流のものが漢方です。
    漢方薬はもともと中国から伝わったものですが、日本の気候・風土・生活環境・食生活と、日本人の体質に適した形で受け継がれたものです。
    ココロの持ち方、生活の仕方など日ごろの養生全体を漢方と呼びます。その漢方の予防や治療に用いられる薬を漢方薬といいます。

    人はココロと身体が一体(心身一如)です。ココロが一人ひとり違うように、身体も一人ひとり違います。漢方はその一人ひとりに対応する個の医学です。そして、ココロがコロコロかわるように、さまざまな今の症状に対応していくのが伝統的な日本の漢方薬です。

  • CHECK POINT ①

    副作用が少なく身体に優しい生薬

    漢方薬は、西洋薬と比べて副作用が少ないと言われています。また、様々な生薬を一人ひとりのお悩みや体質に合わせて組み合わせて調合するため、その人に合ったものを処方することが可能です。
    実は、漢方薬は昔から用いられてきた医薬品で、長年の歴史のあるお薬です。近年当たり前になっている西洋薬は、約200年前から使用されるようになったもので、それまでは、植物・動物・鉱物の中で薬効を持つ生薬を調合していたのです。
    植物などの原料から、有効成分だけを抽出した西洋薬と比べると、植物そのものを使う漢方薬の方が、効き目が穏やかで、副作用も起こりにくく、身体に優しいお薬といえます。

  • CHECK POINT ②

    一人ひとりに合った薬を調合します

    漢方医学は、個人差や季節、居住空間などを重要視している点で、基本的に個人差を踏まえない西洋医学とは大きく異なっています。
    例えば、木造一戸建てに住んでいる人と鉄筋の集合住宅に住んでいる人とでは、住環境の違いに着目しますし、日本という地域の湿度の高さや、季節の移り変わりにも目を向けます。個人差の中には、職業からくる体調不良などもあります。
    また、それぞれの方の生育環境や食生活、ご家族から受け継いでいる先天的な要素のほか、日々従事している職業にも注意を払って処方を行います。これらの組み合わせを細かく見ていけば、地球上に誰一人として同じ条件の人は存在しませんから、漢方薬の処方もある意味で無限なのです。
    女性においては、月経や排卵ごとに少しずつ身体が変化していきますし、妊娠や出産では大きな変化が見られます。このような個人ごとの違いにも着目しながら対応していくのが「漢方医学」の特徴です。

漢方医学と
西洋医学の違い

  • 漢方医学の考え方

    東洋医学は、全体のバランスを整えます。症状が同じでも違う処方を用いたり、違う症状でも同じ処方を使うことがあります。
    人と自然との深い関係を重視しています。人間を自然界の一部と考えます。自然環境の変化、季節の変化、1日の昼夜の変化の影響を受けています。
    漢方の基本的な考え方は、人がもっている病気を治す力を高めることです。
    病名で診断するだけでなく、身体からの不調のサインから未病を防ぐことが得意です。

  • 西洋医学の考え方

    西洋医学では、治療対象者に対して検査などで定量的な分析・診断を行ったうえで、不調の原因である病巣を排除することを重視しています。血液検査をはじめとする数値データを多く扱うことも特徴的です。
    検査などの結果病名がつき治療を始めます。同じ症状には同じ治療方法であることが多いです。即効性はあります。

漢方はさまざまなお悩みの
解決につながります

  • 不妊・子宝相談

    当薬局は不妊でお悩みの方々からのご相談を多く扱っており、漢方医学で対処しています。漢方は少ない副作用で体質改善できるので、身体的負荷が少ない治療ができるメリットがあります。
    精子や卵子の状態を良くすることや、子宮への血流を改善することなどで、妊娠しやすい状態に無理なく導きます。

    不妊・子宝相談
  • 更年期障害

    更年期障害は、女性が成熟期から老年期に差し掛かるときに見られる症状で、エストロゲンという女性ホルモンが減少して卵巣の機能が低下することに起因しています。当薬局では、漢方の考え方である、「気」「血」「水」に着目し、治療対象者の生体エネルギーの不調を見出して、バランスを整えるための処方を行います。

    更年期障害
  • 生理痛・生理不順

    生理痛や生理不順は、「瘀血(おけつ)」と呼ばれる血液の流れが悪化した状態が原因となって起こると考えられています。場合によっては、不妊や更年期障害につながることもあるので、早めの対応が必要です。当薬局では、漢方薬の作用で血流を適正にして停滞を改善し、症状を緩和していくことを目指します。

    生理痛・生理不順
  • 自律神経の乱れ

    自律神経の乱れは、漢方医学では五臓のひとつである「肝(かん)」と「ココロ」に起因し、「気」「血」の不足と鬱血も関係していると考えます。
    自律神経のバランスが乱れるとさまざまな症状が現れます。当薬局は「気」「血」を補うことと、血流の停滞を防ぐことで自立神経のバランスを改善していくことを目指します。

    自律神経の乱れ
  • その他・身体の不調

    漢方医学は、「何となく調子が悪い」「心身のバランスがおかしい」「肌トラブルが増えた」といったときの対策としても役立ちます。肌トラブルに着目すれば、西洋医学は外部から内部に働きかけますが、漢方は身体の内部に作用して、お肌のトラブルが起きにくい体質を作ることで状態を改善していきます。

    その他・身体の不調

よくある質問

Q

漢方薬が効きやすいのはどんな病気ですか?

A

急性の症状にも効きますが、体質の弱い方や心身のバランスの崩れたもの、検査で異常がないのに、すっきりしないものなどに効果があります。

Q

どれくらい飲み続けなければいけないの?

A

風邪などの急性疾患には、すぐに効果のでるものもあります。長く症状をそのままにしていたものは、時間がかかります。体質改善を目的とするときも時間がかかります。

Q

値段が高いと思うのですが・・・

A

自然の植物や動物由来のもので、収穫状態によって値段が変化したり、希少性のものは高価になってしまいます。服用する期間や、処方によって値段が違ってきます。体質改善目的で服用の場合、養生法も身に着けることもできますので、不調で不安な時間を長く過ごすよりは、長い目でみてむしろ安くついていると思います。

Q

漢方薬にも副作用はありますか?

A

生薬に対してもアレルギーはあります。服用して、悪心・動悸・湿疹・不眠・頭痛などの不快などございましたらご相談ください。